東京の求人情報

東京でサッカー場といえば、まず国立競技場を挙げることができます。

山手線の代々木の駅から歩いてすぐのところにあります。

また、地下鉄でも行くことができます。

有名人のコンサートやイベントなどもできる施設です。

Jリーグが始まってから20年以上が経ちますが、ここが聖地になります。

Jリーグのチームは自分たちの地元にホームグラウンドがあります。

しかし、ナビスコカップの決勝などではよく国立競技場が使われたものです。

また、高校生の選手権の準決勝や決勝もこちらで行われました。

いつもお正月に行われていて、長崎・国見や千葉の市立船橋、鹿児島の鹿児島実業、静岡の清水東や藤枝東、清水商業など強豪校が対戦をしていました。

しかし、1964年の東京オリンピックのために建設された国立競技場は老朽化しているなどの理由から、作り変えられることに決まっています。

今後、2020年の東京オリンピックに向けて、解体・新国立競技場の建設が始まろうとしています。